CADで描いた図面を、フォトショップでレンダリングする方法を紹介します。 Alex Hogrefeさんのサイト からの記事です。左の図面を右にする方法を教えてくれています。

フォトショで建築断面図をレンダリングする方法

 

CADで描いた図面を、フォトショップでレンダリングする方法を紹介します。

Alex Hogrefeさんのサイトからの記事です。左の図面を右にする方法を教えてくれています。





まず最初に

 Photoshop 10年使える逆引き手帖
Photoshop 10年使える逆引き手帖
フォトショップの使えないと話にならないので、まず上の本をマスターするのをおすすめします。これ一冊で写真加工から切り抜きまで、建築に必要な知識が全て揃います。


レンダリング手順


ステップ1
CADで描いた図面をJPEG形式でエクスポート。できるだけ解像度は高くしますが、フォトショップで直せるので、線が多少雑でも大丈夫。




ステップ2
ステップ1のをフォトショップで開いて、いよいよ着色開始。背景をまず黒く塗りつぶします。




ステップ3
次に、壁にテクスチャーを貼ります。後で色調、明るさを調整できるよう、同じテクスチャーは一枚の新しいレイヤーに貼ります。テクスチャーはネットで検索して見つけます。




ステップ4
窓の外の景色を加えます。メインではないので、モノクロか、単色を使います。ここでは、木材の暖色と差が出るよう、青を選びました。




ステップ5
影を加えて、図面に奥行きを出します。壁と天井が交差する角に影を加えると効果的。




ステップ6
木の素材にハイライトを加え、さらに奥行きを出す。ハイライトは、新しいレイヤーを用意し、白ペイントで数カ所を描き、レイヤースタイルを「オーバーレイ」にするだけ。




ステップ7
最後に、人や家具の添景を配置します。図面が嘘っぽくなるかはこれで決まりますので、時間をかけて行いましょう。
 
Copyright ©