どうしたら、 かっこいい建築プレゼンボード が作れるのか? 「実例で見るのが一番!」ということで、 Alex Hogrefeさんのサイト からの記事を紹介します。建築プレゼンに特化したサイトで、いつも「はっ」とさせられます。 この4枚のプレボを、以下のように図面、...

実例で解説!建築プレゼンボードのつくり方

 
どうしたら、かっこいい建築プレゼンボードが作れるのか?


「実例で見るのが一番!」ということで、Alex Hogrefeさんのサイトからの記事を紹介します。建築プレゼンに特化したサイトで、いつも「はっ」とさせられます。



この4枚のプレボを、以下のように図面、模型写真をレイアウトしなおした過程を説明しています。





必要道具

作業をスムーズに進めるためには、以下の能力を揃えている必要があります:

一枚ずつ見てみよう

1.複数枚のプレゼンボードはまずレイアウトを決めて、統一感を出す


プレボが数枚ある場合、まず、同じグリッドに沿わせます。これでプレボ全体を眺めたときに、統一感が出ます。


この段階では、なるべくシンプルでレイアウトにしましょう。この場合はL字型にしています。







2. プレゼンボード一枚目はインパクトが大事


左が修正前、右が修正後。プレゼンボードの一枚目は、インパクトがなければいけませんので、以下のように変化させています。
  • 配置図に色付けし、彩度を上げる。
  • 左上のダイアグラムをプレボ2枚目に移し、代わりに設計コンセプトを文字をおく。
  • 文字を見やすくするため、背景を黒っぽくする
  • 文章の終わりに手描きスケッチを載せる(よく使う手法なので、スケッチは捨てずにとっておきましょう)

まず、彩度、つまり色が鮮やかなほど、目がいきやすいです。なので、一枚のプレボに複数枚図面を配置する場合、メインの図面の彩度を上げ、それ以外は暗くする、ということを良くします。

3. 図面は陰をつけ、見やすく


平面図と断面図メリハリが足りないので、以下を修正。
  • 壁の内側を白く塗り、部分的に赤で色分け。
  • 右下の断面図に影つけ、奥行をだします

3. 一枚に図面を詰め込みすぎずに


ここでは、 以下の修正を加えています:
  • 一枚に図面が多すぎたので、図面を減らし、余白部分を作ります。
  • 画面を生き生きさせるため、一枚目と同じように、メインのパースに色付けします
  • 下の模型は、実物で見ればいいので、代わりにパースを載せたそう。

4. 最後はディテールを載せよう

4枚目の変更は少なめ。
  • 一番下のパースを大きくし、ボードでの存在感を出す。
  • 写真の色を調節
  • 中央の屋根伏せは、一枚目の配置図と重複する部分が多いので、小さくした。

いかがですか?皆さんも、レイアウトの時は、このように一度図面を配置してから、修正したほうがかっこいいボードはできます。現実はなかなかそうはいきませんが(笑)
 
Copyright ©