意外と知られていませんが、 スケッチアップのみで 建築設計が一通りできます。図面から、アクソメ、パース、プレゼンボードまで全部できます。

意外と知らない!スケッチアップだけで建築設計をする手順

 


意外と知られていませんが、スケッチアップのみで建築設計が一通りできます。図面から、アクソメ、パース、プレゼンボードまで全部できます。
「コンペ用に、一週間で案を提出しなければいけない」とか、「上司に設計をちょっと見せるだけ」って時に便利です。


スケッチアップでできることを列挙すると

  1. 敷地模型の作成
  2. 建築図面の作成
  3. ダイアグラムの作成
  4. パースの作成
  5. プレゼンボードの作成


では、それぞれ紹介していきますね。

1.敷地模型の作成

Google Earthとスケッチアップは共にGoogleの製品。そのため、スケッチアップにGoogle Earthが簡単に取り込めます。これを元にスケッチアップ内で敷地図を作ったり、3D模型も簡単に作れます。


2.建築図面の作成


スケッチアップはプロ並みの建築の平面、立面、断面が描けます。出来た図面はPDF, jpg, dwg形式に出力も可能。

方法は簡単。スケッチアップで3D模型を作った後、「ビュー」を、立面、屋根伏せ、アイソメなどに切り替えるだけ。

3.ダイアグラムの作成


スケッチアップ模型に、イラレで導線分析や人を加えれば、立派なダイアグラムの完成です。


4.簡単なパースの作成

Pott architectsが作ったスケッチアップ模型 
高度なレンダリングソフトがなくても、スケッチアップの「スタイル」をいじれば、かっこいいパースができます。上はスケッチアップ内で透明度や材料を変えただけで、レンダリングソフトは一切使っていません。

 

5.プレゼンボードの作成

公式サイトより

スケッチアッププロ版では、プレゼンボードのレイアウト機能がついています。案を修正すると、図面もリアルタイムで更新されますのでとても便利。


いかがですか?スケッチアップを習得する気になりましたか?ならば以下の本がおすすめです:
  • 動画でわかる SketchUp 最強バイブル:一つの家を作成過程をステップバイステップで勉強できます。複雑なフォルムを作成する方法、プレゼンシートの作成方法も勉強できます。
 
Copyright ©