差がつく!PSでリアルな建築パースのレンダリング方法

 
私が建築プレゼンを勉強している海外サイトの中で、特にクオリティーが高いRonenbekerman

今日はそこから、上のパースをステップバイステップで作る方法を紹介します。就職のポートフォリオに一枚入れると、ポイント高いですよ。

スケッチアップとフォトショだけでできますので、学生さんも試してみてね。ちなみに完成までに、2日かかります(汗)

フォトショップ中級者以上の内容なので、初心者は、最高の建築パースを描く方法を一度読みましょう。


線画の準備

まず、下絵となる線画を用意します。ここでは、スケッチアップ模型で線画を作る方法を紹介していますが、手描きスケッチでも大丈夫。 スケッチアップを3枚エクスポートします。

  • 1枚目:白黒の輪郭線のみをエクスポート。輪郭線はなるべく細めにします↓


  • 2枚目:輪郭線を消し、影のみをエクスポート↓


  • 3枚目:木と人以外の添景のみをエクスポート↓


エクスポートしたレイヤーをすべて重ね、レイヤー2とレイヤー3は「乗算モード」に。遠くの景色はぼやかしたいので、消しゴムツールで遠景をすこし消します↓

下地を用意


↑透明度20%の模造紙風のテクスチャーをレンダリングに重ねます。なくてもいいですが、パースに暖かみが出ます。

いよいよ色付け開始


↑これまでのレイヤーをすべて重ね、「乗算モード」に。新しいレイヤーを一番下に敷き、オレンジのグラデーションをかけます。パースの色が渋くなるたまの工夫です。


↑雲を加えます。具体的な方法はこちらで。作者は、雲の周りを線で囲っていますが、なくても結構です。


建築


↑新しいレイヤーに、建築を色付けします。センスが問われる部分で、色味が調合するようにします。


添景

↑最初にエクスポートした添景を重ねます。一気に生き生きしましたね。


↑新しいレイヤーで窓に色を塗ります。住宅とショップの窓は色を分けしましょう。



テクスチャ


↑テクスチャーを貼ります。貼りすぎるとパースが嘘っぽくなるので注意。石、レンガ、木材などのテクスチャーを探し、「変形ツール」で角度を調節しながら貼っていきます。


窓の中


↑新しいレイヤーに、ショップのインテリアを貼ります。ぼかけさせてなじませます。



草と木


↑レイヤーを何枚も用意し、木や草の添景を加えていきます。手描きの木、木の写真など、いろいろなテイストを混ぜるとよりリアル→草や木の添景



窓の反射



↑窓に他の建築が反射しているようにします。また、お花を水も加えます。噴水は白のブラシで描いています。




人を加える

↑人の添景を加えます。パースが狂いやすい部分なので、時間をかけて行います。
【参考】人の添景を建築パースに加える方法


ここまででほぼ終わりです!数時間休み、写真を調節するようにして、全体の色を調節して完成!



いかがでしたか?「手書きに自信がない」という方… 今の時代、パソコンで手描き効果ができる時代なのです。