建築設計に役立つ無料スケッチアッププラグイン

 
スケッチアップはかなりできるやつですが、99%の方は、使いこなせていません(断言)


今日は、第一歩として、スケッチアップで複雑な3D模型を作れるプラグインを紹介します。


スケッチで建築設計をするメリット

建築の設計は、多業種 (構造、設計、環境、社会学など)のコラボが強調されているのは、ご存知ですよね。


一方、スケッチアップは、ゲームデザイナー、 インテリアデザイナー 、建築家、機械設計、インダストリアルデザイナーなど、多くの職業の方に使われています。


多業種の方がスケッチアップを快適にしてくれるプラグインを開発しているのです。つまり、知らぬ間にコラボしているのです(笑)

1.Joint Push/Pull



Sketchupのプッシュプルツールを使いやすくしてくれるプラグイン。曲面でも上のように、厚みを持たせることができます。具体的な使い方はこちら

2.FredoScale


模型の自由変形ツールだと思ってください。模型をひねったり、傾けたり、折り曲げたり、引き伸ばしたり、縮めたりできます。ダウンロードはこちら



3.Cleanup


スケッチアップで模型を作ると、線や面が二重に描かれていたり、線が二本に分かれていたりします。これを「模型が汚い」と言ったりしますが、Cleanupは、これをワンクリックで解決してくれます。必須ではありませんが、あると結構気持ちいい。ダウンロードはこちら

4.Shape Bender


左図を、右図のような傾斜のある道路が作れる役立つプラグイン。ランドスケープデザイナーに最適です。ダウンロードはこちら

5.BezierSpline


ご存知のように、スケッチアップの曲線を描くのは大変難しい。これは複雑な曲線も描けるプラグイン。ダウンロードはこちら


6.Instant Roof


壁を選べば、屋根が一気に自動生成するプラグイン。ダウンロードはこちら

7.Line2Walls


おすすめのプラグイン!線を描けば、直ちに壁になります。これで「ベクターの平面図をトレースして」という作業をなくなります。ダウンロードはこちら

8.Tools On Surface

曲面に開口部を空けられるプラグイン。SUで複雑な建築を作れるようになります。ダウンロードはこちら


いかがでしたか?スケッチアップを一度キチンと勉強してみる気になったのでは:


徹底解説SketchUp (エクスナレッジムック)
阿部秀之
エクスナレッジ
売り上げランキング: 32,110